中央競馬:ニュース中央競馬

2019.7.28 15:55

【アイビスSD】“千直スペシャリスト”ライオンボスが能力全開で重賞初V

破竹の3連勝で重賞初制覇を果たしたライオンボス(左)

破竹の3連勝で重賞初制覇を果たしたライオンボス(左)【拡大】

 7月28日の新潟11Rで行われたサマースプリントシリーズ第19回アイビスサマーダッシュ(3歳以上オープン、GIII、芝・直線1000メートル、別定、18頭立て、1着賞金=3900万円)は、前日に落馬負傷した鮫島克駿騎手から急きょ田辺裕信騎手に乗り替わった1番人気のライオンボス(牡4歳、美浦・和田正一郎厩舎)が好スタートを決めて“千直スペシャリスト”ぶりをいかんなく発揮し重賞初Vを決めた。タイムは55秒1(良)。これで千直は3戦3勝の負け知らず。

 3/4馬身差の2着にはカッパツハッチ(3番人気)、さらにクビ差遅れた3着にオールポッシブル(9番人気)が続いた。

 アイビスサマーダッシュを勝ったは、父バトルブラン、母ウーマンインレッド、母の父ステイゴールドという血統。北海道新冠町・対馬正氏の生産馬で、馬主は(有)和田牧場。通算成績は13戦5勝。アイビスサマーダッシュは、和田正一郎調教師、田辺裕信騎手ともに初優勝。

 ◆田辺裕信騎手(1着 ライオンボス)「(乗り替わり騎乗も)レースを見たり、関係者と話をしてイメージ通りの競馬ができましたし、千直の競馬をしようと心掛けました。人気を背負っての先行策ですと負かしにくる馬もいて楽ではありませんでしたが、人気で勝つことができてよかったです。いい馬に乗せてもらってとても有り難いと思っています」

★【アイビスSD】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 破竹の3連勝で重賞初制覇を果たしたライオンボス
  • ライオンボスを勝利に導いた田辺裕信騎手
  • 田辺裕信騎手(左)とプレゼンターの花田虎上さん
  • 和田正一郎調教師と父・和田正道元調教師
  • アイビスサマーダッシュを制したライオンボス
  • 2着に敗れたカッパツハッチ
  • 3着に敗れたオールポッシブル
  • 4着に敗れたトウショウピスト
  • 6着に敗れたダイメイプリンセス
  • 7着に敗れたカイザーメランジェ
  • 9着に敗れたレッドラウダ