中央競馬:ニュース中央競馬

2019.7.23 05:05

【現場記者の自由研究】日高の名門三嶋牧場、絶好調の秘密は!?(1/2ページ)

母マイグッドネスの当歳馬の首をなでる三嶋健一郎取締役。兄がダノンレジェンド、ダノンキングリーという良血馬だ

母マイグッドネスの当歳馬の首をなでる三嶋健一郎取締役。兄がダノンレジェンド、ダノンキングリーという良血馬だ【拡大】

 読者が知りたいワンテーマを掘り下げる夏競馬の新企画『現場記者の自由研究』。今回は東京サンスポの内海裕介記者が、北海道浦河町の三嶋牧場を取材した。生産馬のダノンキングリーが皐月賞3着、日本ダービー2着と活躍。マスターフェンサーはケンタッキーダービー6着など米3冠路線で大健闘をみせた。“王者”ノーザンファームとそん色ない勝率を残すなど、今年絶好調の成績を収めている日高の名門の奮闘ぶりに迫った。

 新千歳空港から車で2時間半。北海道浦河町に20余りの放牧地を構える三嶋牧場は、戦前から馬産を行ってきた日高の老舗。そんな名門が、今年の春競馬を大いに盛り上げた。

 生産馬2頭を送り込んだ日本ダービーではダノンキングリーがクビ差2着に入り、10着メイショウテンゲンとともに存在を強くアピール。また、海の向こうではマスターフェンサーが米3冠でケンタッキーダービー6着、ベルモントS5着と大健闘し、国内のダート界に衝撃を与えた。今年のJRAでの勝率11・2%(22日現在)は“王者”ノーザンファーム(同11・4%)とヒケを取らないのだから立派だ。

 「(生産馬が)頑張ってくれていますが、やり方を大きく変えた部分はありません。ただ、苦しいときも広い土地を購入したりと、拡大路線でやってきたことが良かったのかもしれません」

【続きを読む】