中央競馬:ニュース中央競馬

2019.7.11 10:52

【函館記念】キーマンズトーク・ステイフーリッシュ中谷騎手

中谷雄太騎手

中谷雄太騎手【拡大】

 混戦模様の「第55回函館記念」。今週唯一の重賞となる北の大一番で、ステイフーリッシュが重賞2勝目を狙っている。昨年の共同通信杯以来のコンビとなる中谷雄太騎手(39)が、栗東から駆けつけて追い切りに騎乗。手応えに迫った。

 --最終追いは函館芝コースで半馬身遅れ

 中谷雄太騎手「(大きく離れた相手を)追いかけたのと、外を回した分、届かなかったけど、内容は悲観するものではないです。手応えは良かったし、手前もスムーズに替えていました」

 --矢作調教師は「内に行くと思ったら外へ出した。中谷が考えてやってくれたんだろう」と言っていた

 「レースでもそんな(外を回す)感じになると思って、どんな脚を使うかな、と。先週時点のデキが半信半疑でもあって、矢作厩舎は栗東でよく6Fから追うけど、今回は5Fなので、負荷が足りないかなと思って外を回しました」

 --デビュー3戦で騎乗し、昨年の共同通信杯(10着)以来のコンビ

 「普段から落ち着いているし、大人になったと思います。調教でもしっかり走れるようになりましたね」

 --ハンデは57・5キロで、北海道では初めて走る

 「実績があるので仕方がないけど、少し見込まれた感じはします。馬格(前走時458キロ)がないので、0・5キロがどう出るか、ですね。洋芝は合わないことはないと思います」(夕刊フジ)

★函館記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載