中央競馬:ニュース中央競馬

2019.7.3 05:02

【田辺裕信 ゆる~い話】レース中かっぱの下に勝負ズボン…やはり暑い

田辺裕信騎手 

田辺裕信騎手 【拡大】

 この時期の必需品といえば雨具ですよね。騎手も、レースでかっぱを着用することが認められていますが、当然ですが斤量に含まれます。

 なので、かっぱの下に普通の勝負ズボンをはいている人もいれば、勝負ズボンをはいているときと同じように下はスパッツという人もいます。

 個人的には勝負ズボンを着ているときと同じように、スパッツの上にカッパを着ていますけど、D・レーン騎手などは体重が重いということで雨の日、かっぱを着ることなく勝負ズボンで乗っていました。

 その種類もいろいろあって、重さはもちろん生地や機能もさまざまで、軽量化を求めたタイプもあれば、機能性が高いタイプなどもあります。ただ、やはり通気性がよくないので、暑くなってしまいます。なので、かなりの雨であっても勝負ズボンで騎乗し続ける人もいます。

 あとは、やはり勝負ズボンと比べて、動きやすさという部分でもかっぱだと気になるところがあります。

 ちなみに、僕自身は泥が飛んで汚れてしまうかどうか、ということでかっぱを着るかどうか決めているかなぁ。勝負パンツだと汚れてしまうと、1回1回着替えないとなりません。そうなると時間もかかりますしね。かっぱだと、汚れても、すぐに水で流せますからね。

 なるべく勝負ズボンで乗るのが一番いいんですけど、それでも、ほとんどの騎手はかっぱを用意しています。 (JRA騎手)