【CBC賞】福永レッドアンシェルが1番人気に応えて重賞初制覇果たす

2019.6.30 15:44

 6月30日の中京11Rで行われたサマースプリントシリーズ第55回CBC賞(3歳以上オープン、GIII、芝1200メートル、ハンデ、13頭立て、1着賞金=3900万円)は、福永祐一騎手騎乗で中団追走の1番人気レッドアンシェル(牡5歳、栗東・庄野靖志厩舎)が、インを突いて伸びた昨年の覇者アレスバローズをクビ差抑えて快勝、重賞初制覇を飾った。タイムは1分09秒8(不良)。

 クビ+クビ差の3着には2番人気で逃げたセイウンコウセイが入線した。

 CBC賞を勝ったレッドアンシェルは、父マンハッタンカフェ、母スタイルリスティック、母の父ストームキャットという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(株)東京ホースレーシング。通算成績は15戦5勝。CBC賞は、庄野靖志調教師は初、福永祐一騎手は2013年マジンプロスパー、14年トーホウアマポーラに次いで3勝目。

 ◆福永祐一騎手(1着 レッドアンシェル)「内から迫って来ている馬がいたので、何とかしのいでくれという気持ちで乗りました。スタートも良かったし、イメージしていた位置でレースができました。この馬場状態は苦にしませんでしたし、一生懸命走ってくれたので勝てましたね。ただ、雨が凄くて前が見えませんでした」

★【CBC賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

閉じる