中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.30 05:01

戸崎、JRA通算1000勝を達成

JRA通算1000勝を達成した戸崎圭太騎手。(左から)津村明秀騎手、野中悠太郎騎手、三浦皇成騎手、戸崎騎手、内田博幸騎手、丸山元気騎手

JRA通算1000勝を達成した戸崎圭太騎手。(左から)津村明秀騎手、野中悠太郎騎手、三浦皇成騎手、戸崎騎手、内田博幸騎手、丸山元気騎手【拡大】

 29日の福島7Rをエクリリストワールで制した戸崎圭太騎手(38)=美・田島=が、JRA通算1000勝を達成した。大井所属時代の2005年6月26日に初騎乗(スプリングラゴス10着)を果たして以来、通算6964戦目での到達。史上35人目、現役18人目の大台で、地方出身では安藤勝己(引退)、岩田康誠、内田博幸騎手に次いで4人目となる。その後10Rでも1勝を上乗せした。重賞は50勝で、うちGIは2014年有馬記念(ジェンティルドンナ)など7勝。

 リーチをかけて乗り込んだ福島。午前中は人気馬に騎乗しながら生みの苦しみを味わったが、7Rは大井時代から慣れ親しんだダートを舞台に積極的にハナを主張し、最後は6馬身差の完勝でメモリアルを達成した。

 レース後、大勢のファンから祝福を受けた戸崎騎手は「今日は僕の雄姿を見に来ていただいてありがとうございます」とお立ち台でリップサービス。「1000勝という数字は皆さんのお力添えがあってこそ。今後も丁寧に勝ち星を重ねていきたい」と笑顔で喜びを語った。