中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.26 05:04

第二の馬生、支援します!馬を救い人を癒やす『TCCセラピーパーク』(1/4ページ)

TCCセラピーパークの『ホースシェルター』で過ごすハリケーンバローズ。同施設の代表取締役・山本高之氏(右)を川端記者が取材した(撮影・安部光翁)

TCCセラピーパークの『ホースシェルター』で過ごすハリケーンバローズ。同施設の代表取締役・山本高之氏(右)を川端記者が取材した(撮影・安部光翁)【拡大】

 馬を救い人を癒やす福祉活動を行う施設『TCCセラピーパーク』が5月に滋賀県栗東市にオープンした。行き場のない引退競走馬の一時預かり場所として、日本で初めて常設されたホースシェルターには4頭が入厩。第二の馬生に向けて転職活動にいそしんでいるが、まだまだ多くの支援が必要だ。

 栗東トレセンから車で約10分。新緑に囲まれたTCCセラピーパークでは現在、4頭のサラブレッドが暮らしている。いずれも引退後の行き先が決まらなかった元競走馬だ。

 4頭は日本で初めて常設された引退競走馬の一時避難施設『ホースシェルター』で暮らし、リトレーニングを行いながらセカンドキャリアの受け入れ先を探している。その中の1頭、サトノサイベリーは右トモを骨折し勝ち星を挙げることなく現役を終えた。地方に移籍するにも復帰まで時間がかかる状態…。多くの場合が行き先知らずになるケースだが、再始動するまでの猶予期間を得られた。施設長で『TCC Japan』の山本高之代表取締役は、元気を取り戻してきた3歳牝馬に優しいまなざしを向ける。

 「少しずつ運動を開始していて、痛がる素振りは見せていませんね。ご縁があった4頭を預かっていますが、受け入れられる頭数は限られています。でも、気持ちばかり先行してはいけないんです。まずは今の自分たちにできることをしっかりやっていきます」

【続きを読む】

関連

  • 緑に囲まれた閑静な場所で馬と触れ合うことができる
  • 馬の絵が飾られた施設内は穏やかな空気が流れる