中央競馬:ニュース中央競馬

2019.6.25 11:05

キセキが凱旋門賞挑戦へ 角居厩舎からはロジャーバローズと2頭出し

一昨年の菊花賞馬で宝塚記念2着のキセキ

一昨年の菊花賞馬で宝塚記念2着のキセキ【拡大】

 一昨年の菊花賞馬で宝塚記念2着のキセキ(栗・角居、牡5)が、凱旋門賞(10月6日、パリロンシャン、GI、芝2400メートル)に挑戦することが25日、分かった。角居調教師は「(凱旋門賞に)行こうかと思います。レースで使ったなりの疲れがあったので、一度放牧に出します」と話した。これで日本ダービー1着ロジャーバローズ(牡3)と2頭出しになる。「どうしても調教パートナーが足りなくなるので、高いレベルの馬2頭で行けるのはいいことだと思います」と話した。2頭ともにフランスに滞在予定で、レースは未定だが欧州での前哨戦を使って本番に臨む予定だ。ジョッキーもともに未定で「まだ決まっていませんが、ベストな選択をしたい」と力を込めた。

★キセキの競走成績はこちら