相沢師コラム・トレセン365日WEB版(61)~今年の2歳勢初陣!・キク

2019.6.20 16:37

 先週は飼料添加物から禁止薬物が検出された問題で、156頭もの競走除外馬が出る前代未聞の事態となってしまいました。使用していなかったウチの厩舎は幸い影響を受けませんでしたが、ファンの方にはご心配とご迷惑をおかけしたかと思います。競走馬に対して塩とカルシウムを補給するのは必須のことで、薬物が検出されたグリーンカルというサプリメントは昔から使用されてきました。それだけに、現場としては信じられない思いです。検査結果が出る前に販売してしまった飼料会社の行為は、厳しく断じられても仕方ないでしょう。しっかりと原因を究明し、再発防止を肝に銘じてほしいものです。

 函館スプリントSが7頭立てになってしまうなど、先週スタートした函館開催はいきなりケチがついてしまいましたが、芝のコンディションは素晴らしいですね。適度に時計のかかる本来の洋芝です。一昨年は異常な高速馬場でしたが、これくらいの馬場だと厩舎側としても安心して使えます。

 そうそう、今年の函館にはウチの(石川)裕紀人が滞在しています。今まで現地に長期滞在したことがなかったので、「行ってみろ」と勧めたんです。あまり接点のなかった栗東の厩舎人と交流することは勉強になるはずですし、レベルの高いジョッキーがそろった中で騎乗することもいい刺激になるはず。実りの多い遠征にしてほしいですね。

 そして、今週は22日の函館5R新馬戦(芝1200メートル)でキクがデビュー予定。もちろん、鞍上は裕紀人です。1歳時に初めて見たときからいい馬だと思ってきましたが、入厩後も期待通りの動きを見せています。ダート向きの血統ですが、走りは芝向き。素直なタイプなので追い切り通りなら自ずと結果はついてくるでしょう。ウチの2歳勢にとってはこれが初陣。他の若駒、そして裕紀人にも弾みのつく結果が出てほしいですね。

■相沢郁(あいざわ・いくお)

 1959年6月19日生まれ。北海道出身。麻布大学獣医学部で獣医師免許を取得。98年に厩舎を開業。初年度からウメノファイバーが京王杯3歳Sを優勝し、翌年にオークス制覇。2012、13年にJRA賞優秀調教師賞を受賞。これまでにJRA重賞17勝をあげている。趣味はお酒。

閉じる