デビュー22年目・竹之下、日本ダービー初参戦

2019.5.24 05:00

 デビュー22年目の竹之下智昭騎手(39)=栗・フリー=が、抽選を突破したヴィントで初の日本ダービーに参戦。GI騎乗も、2004年高松宮記念(リキアイタイカン10着)以来、15年ぶり2度目だ。

 竹之下騎手は「4分の1の抽選で『外れても仕方ないな』と思いましたが、(賞金上位馬の回避で)4分の2になって『入ってほしいな』と。ジョッキーを目指していたときから憧れのレース。緊張するでしょうけど、平常心で臨みたい」と意気込んだ。

閉じる