中央競馬:ニュース中央競馬

2019.5.22 05:06

【ダービー】池江師、TIMに語った「令和初代」への野望!(1/2ページ)

左からレッド吉田、池江調教師、ゴルゴ松本が「令和」の文字をしたため、新元号で初となるダービーを熱く語った (撮影・長尾みなみ)

左からレッド吉田、池江調教師、ゴルゴ松本が「令和」の文字をしたため、新元号で初となるダービーを熱く語った (撮影・長尾みなみ)【拡大】

 26日に東京競馬場で行われるGI日本ダービー(芝2400メートル)を目前に控え、池江泰寿調教師(50)=栗東=が、懇意にしているお笑いコンビ「TIM」のレッド吉田(53)、ゴルゴ松本(52)とスペシャルトーク! ダノンチェイサー、クラージュゲリエ、サトノルークスの手応えを熱く語りました。“3本の矢”で2011年オルフェーヴルに次ぐ2勝目を狙う池江調教師の本音に、「TIM」が迫ります! (構成・内海裕介)

 レッド吉田 いよいよこの季節がやって来ましたねぇ。

 ゴルゴ松本 しかも今年は令和で最初のダービーですから、気分が高まります。その前に春はアルアインで大阪杯優勝、おめでとうございます。

 池江泰寿調教師 ありがとうございます。お二人は平成のダービーはどうでしたか。

 レッド メイショウサムソンが勝った平成18(2006)年は、皐月賞の前に石橋守騎手(現調教師)や武豊騎手と食事をした際に、武さんがサムソンをやたらと褒めていたのを覚えています。

 ゴルゴ 僕はもうけた記憶はないですね。去年も◎の蛯名さん(ゴーフォザサミット7着)だけ見ていた(笑)。お祭りだからそれでいいんですよ。さて今年、池江厩舎はダノンチェイサー、クラージュゲリエ、サトノルークスの3頭出し。チェイサーはNHKマイルCでは、繰り上がり4着でした。

 池江 結果的には直線の不利がこたえました。将雅(川田騎手)は、あれがなければおそらく突き抜けていた、と。

 ゴルゴ そうですか!

 池江 ちょうど加速した場面でしたからね。でも、あれで思った以上にやれると思ったし、気配も着実に上向いている。デビュー戦(中京芝2000メートルで4着)は道悪を苦にしただけで、距離も持ちそうですしね。

 レッド クラージュゲリエは皐月賞で5着でしたね。

 池江 横山典弘騎手がうまく乗ってくれたけど、上位3頭が強過ぎました。

 ゴルゴ 3頭、強いですか。

 池江 強烈です。この世代はサートゥルナーリアとヴェロックスが抜けていて、そこにダービー向きのダノンキングリーも出てきた。ただ、クラージュもピークはダービーに合わせていますからね。皐月賞の頃は稽古で動き切れていなかったけど、今はグンと良くなっている。気性的にも札幌2歳S(3着)の頃はイレ込んで仕方なかったのが、今は少し心配になるくらいに落ち着いています。

 レッド サトノルークスは皐月賞で14着。

【続きを読む】

関連

  • 「令」
  • 「和」
  • きらさぎ賞1着のダノンチェイサー
  • 京都2歳ステークス1着のクラージュゲリエ
  • すみれステークス1着のサトノルークス