中央競馬:ニュース中央競馬

2019.5.20 05:09

【ダービー】サートゥルナーリア、無敗2冠へ(1/4ページ)

無敗の2冠馬を目指すサートゥルナーリアと管理する角居調教師(右)と大恵陽子(左)(撮影・安部光翁)

無敗の2冠馬を目指すサートゥルナーリアと管理する角居調教師(右)と大恵陽子(左)(撮影・安部光翁)【拡大】

 さあダービーウイークだ!! 日本ダービー(GI、芝2400メートル)が26日、東京競馬場で行われる。4戦4勝の皐月賞馬サートゥルナーリアを管理する角居勝彦調教師(55)=栗東=に、競馬リポーターの大恵陽子が直撃インタビュー。史上7頭目となる無敗の2冠馬へ-。厩舎ゆかりの血統馬で臨む思いなど、2007年にウオッカでダービーを制した名トレーナーの胸中に迫った。

 大恵 皐月賞は、最後の直線で内にヨレながらも勝利しました。

 角居 (約3カ月ぶりで)不安はありましたが、いい状態でした。ただ、これまで仕上がっている馬と叩き合いになることがなかったので、精神的なものでヨレたのかもしれません。

 大恵 年明け初戦が皐月賞というローテーションはダービーを見据えてのものですか。

 角居 そうですね。(オーナーサイドと)ダービーを必勝でいくのであれば、そこまでに2回も輸送するのはどうかとなったので。

 大恵 母のシーザリオ(※1)、その子供も管理されています。

 角居 シーザリオは種馬のいいところを出すお母さんで、きょうだいで似ているのは、新馬戦を勝って自分でちゃんとクラシックに乗るところ。あまり調教師を必要としていない(笑)。

 大恵 いえいえ。サートゥルはロードカナロアが出ていると。

 角居 そうですね。スピードがあって、アーモンドアイのように距離の融通も利く感じです。

 大恵 兄のエピファネイア(※2)とはタイプが違いますか。

 角居 全然、力みがないですからね。そのあたりで距離はもつんじゃないかと思います。

【続きを読む】

関連

  • サートゥルナーリア(手前)は年明け初戦のローテで皐月賞を制覇。史上7頭目の無敗の2冠を目指す
  • サートゥルナーリアの日曜追いは坂路。パワフルな脚さばきを披露した(撮影・安部光翁)
  • 大恵陽子(左)が、サートゥルナーリアを管理する角居調教師(右)に日本ダービーの魅力を聞いた