中央競馬:ニュース中央競馬

2019.5.19 19:26

【オークス】ウィクトーリア勝ち馬に次ぐ末脚で追い込むも4着まで 戸崎「改めて力があるのを感じた」

オークスで4着に敗れたウィクトーリア

オークスで4着に敗れたウィクトーリア【拡大】

 5月12日の東京11Rで行われた第80回オークス(GI、3歳オープン、芝2400メートル、牝馬、18頭立て、1着賞金=1億1000万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気ラヴズオンリーユー(栗東・矢作芳人厩舎)が中団待機から直線内で粘る12番人気のカレンブーケドールとの叩き合いをクビ差制して優勝、2006年のカワカミプリンセス以来となる無敗(4戦4勝)での戴冠となった。タイムは2分22秒8(良)はオークスレコード。

 トライアルのフローラSを制したウィクトーリアは、道中後方グループから直線では勝ち馬に次ぐ上がり34.6の末脚で追い込んでくるも4着までだった。

 戸崎圭太騎手「(発馬は)うまく出られなかったが、その後はリズム良く走れた。最後は馬群を割って伸びてきた。改めて力があるのを感じた」

★【オークス】払い戻し確定!! 全着順も掲載