中央競馬:ニュース中央競馬

2019.5.13 18:43

【平安S】レース展望(1/2ページ)

連覇を狙うサンライズソア

連覇を狙うサンライズソア【拡大】

 京都競馬場では土曜メインに中距離のダート重賞、平安S(18日、GIII、1900メートル)が行われる。過去10年の3着以内は全て関西馬で占められたが、今年は生きのいい関東馬も登録してきており、今後のダートGIを占う意味でも見逃せない。

 まずは連覇を狙うサンライズソア(栗東・河内洋厩舎、牡5歳)に注目だ。1年前のこのレースを制してから本格化し、JBCクラシックとチャンピオンズCでともに3着と力走。2000メートル前後のダート中距離戦線では安定した走りを見せている。中でも1900メートルでは交流GIII名古屋大賞典も勝つなど【2・0・1・0】の好成績。3カ月ぶりでも調整過程は順調で1年ぶりの勝利を目指す。

 昨年末の東京大賞典を制してGIホースの仲間入りを果たしたオメガパフューム(栗東・安田翔伍厩舎、牡4歳)は前走のフェブラリーSで10着と初めて掲示板外に崩れたが、良績のない左回りでの結果。右回りは【5・2・0・0】のパーフェクト連対で京都ダート1900メートルの舞台でも、GI・JBCクラシックで2着と前記サンライズソアに先着した。斤量59キロが鍵だが、巻き返しても不思議はない。

 チュウワウィザード(栗東・大久保龍志厩舎、牡4歳)はこれまで【6・2・2・0】で全て馬券に絡む安定感を誇り、昨年8月以降では6戦連続連対中だ。名古屋グランプリ&ダイオライト記念と長めの距離の交流GIIを2勝し、スタミナに関してはメンバー最上位だろう。

【続きを読む】