サートゥルナーリア、ダービーはレーン騎手騎乗で調整

2019.5.5 20:28

 クリストフ・ルメール騎手(39)はNHKマイルCでグランアレグリアに騎乗して走行妨害(4位入線→5着降着)をしたため26日まで騎乗停止となった。これを受け、皐月賞馬サートゥルナーリア(栗東・角居勝彦厩舎、牡3歳)が所属するキャロットクラブは5日夜にホームページを更新。日本ダービーでの騎乗者について、ダミアン・レーン騎手(25)で調整中と発表した。レーン騎手は短期免許取得後の2週で【6・4・4・13】複勝率51.9%という好成績を残しており、注目を集めるオーストラリアの若手に白羽の矢が立った形だ。

★サートゥルナーリアの競走成績はこちら

閉じる