中央競馬:ニュース中央競馬

2019.5.4 10:30

エイト鈴木亨が担当厩舎の◎で“祝・令和”

鈴木亨

鈴木亨【拡大】

【鈴木亨のトレセン探券記】土曜東京1R

 今週の火曜日、つまり平成最後の日。いつものように22時前に美浦トレセンに隣接するエイトの寮に到着。令和新年までの約2時間をカウントダウンでもして迎えようとしていたのだが、缶ビールを2本ほど飲み干した後の記憶がない。目が覚めると翌朝の4時30分。体内時計はきっちり決まっているようだ。これも仕事病なのかな…。何はともあれ、令和最初の馬券をしっかり当てておきたい。

 【東京1R】 運良く、担当厩舎のなかで最もお世話になっている中川公成厩舎が東京朝イチのレースに参戦する。◎④スイーツビュッフェは今年の1月に京都でデビュー戦を迎え、結果は3着。ただ、少々悔やまれる一戦でもあった。スタートで立ち遅れたが、向こう正面では内々を徐々に進出する上手な立ち回り。抜群の手応えで直線に向いたが、いざ追い出しにかかると前が壁。5頭分ほど外に持ち出し、上がり3ハロンを最速の脚で追い上げるも時すでに遅し。結果的に脚を余す競馬だった。その後はトモ(後肢)に疲れが出たため、放牧に出して成長を促した。「初戦よりもトモはパンとしたし、帰厩後もじっくり乗り込んでいる。まだ少し器用さに欠けるので、広い東京コースはぴったりの印象」と中川調教師。2戦目できっちり差し切る。

《単勝》
 ④番 1万円

 ※結果…直線、横並びの大外から勝負を決めたスイーツビュッフェ(3番人気)。《単勝》3.5倍で3万5000円を手にした鈴木亨TM、願いどおり令和最初の馬券をしっかり当てました。

鈴木亨(すずき・とおる) 関東エイト想定班 

取材・前走

中穴

単勝・馬連

プロフィル

1972年生まれ、北海道出身。2003年にTMデビュー。現在は想定班を担当。高校時代はアマチュアレスリング部に所属、大学時代には世界13カ国を放浪した異色の経歴を持つ。そこで養われた精神力を武器に、突撃(?)取材を得意とする。

予想スタイル

想定班である以上、やはり重きを置くのは取材。調教師の公式コメントも大事だが、助手・厩務員からの〝裏〟情報をキャッチするのが勝ち組への最大の近道。

※鈴木亨の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります