中央競馬:ニュース中央競馬

2019.5.3 05:07

【覆面記者の耳よりトーク】NHKマイルC

ヴァルディゼール

ヴァルディゼール【拡大】

 今週の『覆面記者の耳よりトーク』はNHKマイルCを徹底取材。桜花賞制覇から参戦のグランアレグリアを推す声が多かったが、ヴァルディゼールはアーリントンC8着からの大変身もありそう。対してレースぶりがやや単調なアドマイヤマーズ、多頭数でもまれたときのダノンチェイサーには危ぶむ声が聞かれた。

 記者A 3歳マイル王決定戦は堅く収まりそうやな。桜花賞Vから参戦の関東牝馬グランアレグリアを推す声が圧倒的やったわ。

 記者B 「デビューからマイルで4戦3勝。とくに桜花賞は好位から抜け出して1分32秒7のレースレコードやろ。能力もセンスも違うわ」とF調教師は絶賛していました。

 記者C 美浦のY助手も「桜花賞を勝ったときより、体の張りや毛ヅヤが一段階上にいっている感じ」と上積みを証言しています。東京コースも2戦2勝と正直、死角は少ないですね。

 記者D 変わり身の大きさならヴァルディゼール。L助手は「アーリントンCは挟まれて接触して、すごくロスの大きかった競馬。8着でも、あれで勝ち馬から0秒2差なら能力はかなり高い」と話していた。

 記者B 一方、皐月賞4着、マイルではGI・朝日杯FSを含む4戦全勝のアドマイヤマーズには危ぶむ声も。V調教師は「少しレースぶりが単調。広くて直線の長い東京なら鋭い決め手も必要」と。過信は禁物かもしれません。

 記者A ダノンチェイサーは「多頭数でもまれ込んだ経験がない点がどうか」と、X助手は指摘しとったわ。

★NHKマイルCの枠順はこちら