中央競馬:ニュース中央競馬

2019.4.18 05:08

【マイラーズC】パクスアメリカーナ、激伸CW11秒5

パクスアメリカーナはCWコースでラスト1ハロン11秒5と鋭く伸び、最高の調教評価『S』となった

パクスアメリカーナはCWコースでラスト1ハロン11秒5と鋭く伸び、最高の調教評価『S』となった【拡大】

 京都金杯で重賞初制覇を飾ったパクスアメリカーナは、CWコースの単走追いで6ハロン81秒6-11秒5。一杯に追われると鋭く伸び、調教評価『S』がつけられた。

 3カ月半ぶりの実戦だが手綱を取った藤岡佑騎手は「順調に来ているし、馬も成長している」と満足げ。猿橋助手は「放牧から帰ってきて、すごく状態はいいですね。走りのバランスもよくなっている。強いのが自厩舎の馬(ダノンプレミアム)なので、いい勝負をしてくれれば」と前向きに語った。

★マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載