中央競馬:ニュース中央競馬

2019.4.17 05:06

【フローラS】ペレ神撃開始「ギャフンと言わせる」(1/2ページ)

3戦1勝のペレが、オークスを目指してトライアルに参戦。東京コースで勝ち星もあり陣営のトーンは高い

3戦1勝のペレが、オークスを目指してトライアルに参戦。東京コースで勝ち星もあり陣営のトーンは高い【拡大】

 今週から関東圏は、中山から東京に舞台を移して10週連続開催。開幕週はGIの谷間になるが、オークストライアルのサンケイスポーツ賞フローラSが、メインに組まれている。新興勢力の争いで注目は3戦1勝のペレ。久々の前走は2着に敗れたが、強いメンバーと戦ってきており、陣営は2着以内に与えられる優先出走権獲得に向けて意欲満々だ。

 サッカーの神様じゃない。ハワイに伝わる火山の女神から命名されたペレが、東京の開幕週に波乱を呼び起こそうとしている。

 「印が少ないですね。“ギャフン”といわせてやりますよ」

 全休日明けの16日、朝の調教を見ながら奥村武調教師が、自信をのぞかせた。1勝馬の身でありながら、これだけのことを口にするのには裏付けがある。

 新馬戦は、のちの共同通信杯勝ち馬で皐月賞3着のダノンキングリーから0秒3差の3着。初勝利は2戦目で、東京芝1600メートル戦を息の長い末脚を使って勝ち上がっている。

 前走の中山芝1800メートル戦では2着だったが、勝ったウィクトーリアは今回も上位人気が予想される。また約4馬身差をつけられた4着のエアジーンが、次走のミモザ賞を勝っているように、ハイレベルな一戦だった。

【続きを読む】

関連

  • ペレの半兄はエタリオウ。3歳春からの成長が見込める血脈だ