中央競馬:ニュース中央競馬

2019.4.17 16:31

繋養先のアメリカでヒシアマゾンが28歳で死亡

エリザベス女王杯など重賞を9勝マークした女傑ヒシアマゾン

エリザベス女王杯など重賞を9勝マークした女傑ヒシアマゾン【拡大】

 1994年エリザベス女王杯・GI(当時は3歳牝馬限定)など重賞を9勝したヒシアマゾン(牝、28歳)が、老衰のため、繋養先のアメリカ・ポログリーンステーブルで4月15日夜(現地時間)に死亡した。

 阿部雅英氏(ヒシアマゾンのオーナー 阿部雅一郎氏のご子息)のコメント

 「日が沈みかけ薄暗くなった放牧地で静かに息を引き取ったという報告を受けました。ここ最近は食が細くなっていたものの、他の馬の例にはなく、ゆっくりながらも歩き回り、寝起きには問題なく見えていたということだったので、他の馬とは違うところを最後まで見せてくれていたのだと思います。現役時代もそうですが、引退後もツアーを組まれて出羽牧場に見に行かれ、アメリカに移動後も見に行かれた方が多数いるとお聞きしていますが、たくさんのファンに愛された幸せな馬だったと思います。彼女の娘を繁殖牝馬として所有していますが、彼女の名前を思い出させるような馬をターフで走らせることが、使命だと感じています」

 ヒシアマゾンは、父シアトリカル、母ケイティーズ、母の父ノノアルコという血統の黒鹿毛のアメリカ産馬。現役時は美浦・中野隆良厩舎に所属。戦績は20戦10勝。獲得賞金は6億9894万8000円。重賞勝ちは1993年阪神3歳牝馬S・GI、94年クイーンC・GIII、クリスタルC・GIII、ニュージーランドT4歳S・GII、クイーンS・GIII、ローズS・GII、エリザベス女王杯・GI、95年産経賞オールカマー・GII、京都大賞典・GIIの9勝。ほかに、1994年有馬記念・GIでナリタブライアンの2着、95年ジャパンカップ・GIでランドの2着の実績がある。

★ヒシアマゾンの競走成績はこちら