中央競馬:ニュース中央競馬

2019.4.17 16:28

【フローラS&マイラーズC&福島牝馬S】レースの注目点(1/2ページ)

サンスポ賞フローラSに出走予定のジョディーと鞍上の武藤雅騎手。ともにJRA重賞初制覇がかかっている

サンスポ賞フローラSに出走予定のジョディーと鞍上の武藤雅騎手。ともにJRA重賞初制覇がかかっている【拡大】

★デビュー3年目で重賞初制覇へ!武藤雅がジョディーで参戦/サンスポ賞フローラS

 サンスポ賞フローラS(GII)で、ジョディー(美浦・戸田博文厩舎)に騎乗予定の武藤雅騎手には、デビュー3年目で初の重賞制覇がかかる。2017年にデビューした同騎手は、1年目に24勝、2年目に37勝と順調に勝利数を伸ばしており、今年は4月15日現在、12勝を挙げている。武藤騎手とジョディーのコンビは、クイーンC(GIII)で3着に入っているが、フローラSを制して人馬ともに初の重賞タイトルを手にすることができるだろうか。Vなら、2017年デビューの騎手では初のJRA重賞勝利となる。

 また、フェアリーポルカを管理する西村真幸調教師(栗東)には、2015年の厩舎開業以来初のJRA重賞制覇がかかる。フェアリーポルカは、前走の君子蘭賞(500万下)で1着となったが、君子蘭賞の出走馬は、過去10年のフローラSで2勝、2着2回(連対率.235)の成績を挙げている。さて、西村調教師は開業5年自でJRA重賞初制覇を遂げることができるだろうか。なお、同馬には前走に続き和田竜二騎手が騎乗する予定。

★東京新聞杯含む3連勝中のインディチャンプと昨春のマイル王者モズアスコットが登場/マイラーズC

 有松特別(1000万下)→元町S(1600万下)→東京新聞杯(GIII)と3連勝中のインディチャンプ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が、マイラーズC(GII)に登録している。同馬は、芝1600m戦で6戦4勝、2着1回という成績を挙げているが、重賞連勝を決めて“春のマイル王”の座に前進することができるか。同馬には、引き続き福永祐一騎手が騎乗予定。

 また、香港マイル(GI)7着以来の出走となるモズアスコット(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎)もマイラーズCに登録している。同馬は昨年のマイラーズCでは2着だったが、GI初挑戦となった安田記念を制し、“春のマイル王”の座に就いた。モズアスコツトには引き続きC・ルメール騎手が騎乗予定だが、帰国初戦を勝利で飾ることができるか注目だ。なおルメール騎手は史上34人目となるJRA通算1000勝まであと4勝に迫っている。

★中内田勢のダノンプレミアム&パクスアメリカーナが厩舎今年重賞5勝目をかけ登録/マイラーズC

 中内田充正調教師(栗東)が、マイラーズC(GII)にダノンプレミアム(牡4歳)、パクスアメリカーナ(牡4歳)を登録している。同調教師は4月15日現在、今年のJRA競走で24勝を挙げており、調教師リーディングでは2位となっている。また、同調教師は今年の重賞では4勝を挙げており、音無秀孝調教師、角居勝彦調教師と並ぶトツプタイとなっている。

 2017年の朝日杯FS(GI)以来の芝1600m戦出走となるダノンプレミアムは、前走の金鯱賞(GII)で1年ぶりの勝利を挙げた。また、パクスアメリカーナは前走の京都金杯(GIII)で重賞初制覇を遂げている。ダノンプレミアムには川田将雅騎手、パクスアメリカーナには藤岡佑介騎手が騎乗する予定だが、前走で重賞を制した2頭を送り出す中内田調教師は今年5度目の重賞制覇を遂げることができるだろうか。

【続きを読む】