中央競馬:ニュース中央競馬

2019.4.12 05:05

【覆面記者の耳よりトーク】皐月賞

アドマイヤマーズ

アドマイヤマーズ【拡大】

 今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、クラシック初戦の皐月賞を取り上げる。3連勝でホープフルSを制したサートゥルナーリアが能力では抜けた存在だが、紛れが起こりやすい中山コース。この舞台向きの先行力があるアドマイヤマーズ、ラストドラフトが逆転候補に挙がった。

 記者A 今年の皐月賞は、馬券的にはつまらんなあ。ここはさすがにサートゥルナーリアで決まりだろう。

 記者B X調教師は「馬なりで勝つんちゃうか。それくらい能力が違う。逆らう奴の気がしれん」と別格扱い。他陣営も今回ばかりは白旗モードです。

 記者C よほどのアクシデントがない限りは勝つやろけど、優勝経験があるZ騎手は「皐月賞はゴチャついて、有力勢が力を出せないで終わることがある」と、トリッキーなコース特有の死角を指摘しとった。不利を受けたときに番狂わせがあるなら、サートゥルより前で競馬をするタイプやろな。

 記者D それなら朝日杯FSを制したアドマイヤマーズでしょう。V助手は「最近の皐月賞は日本ダービーへのステップレースとして軽視されがち。昨年のエポカドーロのように、ここを勝ちにきたタイプを狙うべき」と近年の傾向を分析。さらに「マーズは次走がNHKマイルCと発表済みで、クラシックを勝つチャンスはここだけ。サートゥルにとって春の最大目標はダービーやろ」と陣営の“温度差”を解説していました。

 記者A 同舞台の京成杯を勝ったラストドラフトも侮れないぞ。Q調教師は「距離が延びても対応できるが、中山2000メートルの適性が高そう」とジャッジしていた。

 記者B 大穴狙いならナイママ。R騎手が「ここにきて格段に動きが変わってきている。距離も合う」とイチオシでした。

 記者C リステッド連勝中のヴェロックスは、P助手が「ここ2戦は少頭数で相手に恵まれた。一線級相手では…」とバッサリやった。3連勝中のサトノルークスも微妙。X騎手が「池江厩舎は例年、ダービーに照準を合わせてくる。血統的にもここが勝負じゃない」と指摘しとったわ。

★皐月賞の出馬表はこちら