中央競馬:ニュース中央競馬

2019.4.11 05:05

【皐月賞】ダノンキングリー素軽さ満点

ダノンキングリーはPコース単走で5ハロン64秒8-11秒8。雨のなかでも軽快な走りで、調教評価は最高の『S』だ

ダノンキングリーはPコース単走で5ハロン64秒8-11秒8。雨のなかでも軽快な走りで、調教評価は最高の『S』だ【拡大】

 打倒サートゥルナーリアに向けて、3戦3勝のダノンキングリーが絶好の動きを見せつけた。雨のPコースを単走で加速し、終始、素軽さ満点の走りで5ハロン64秒8-11秒8をマーク。調教評価は最高の『S』となった。

 手綱を取った戸崎騎手は「リラックスして伸び伸び走れていた。またがっただけでも馬体に幅が出たとか、しっかりしたなと感じる」と上昇ぶりを実感。昨年のエポカドーロに続く皐月賞連覇へ手応えを伝えた。

 「前走(共同通信杯V)はペースが遅くても我慢ができたし、あの感触ならコーナー4つのコースもこなせる。デビューからコンビを組んできて、しかも負けていない。幸せをかみしめながらいい結果を出したい」。共同通信杯勝ち馬は、過去10年で3勝。“東の無敗馬”が、虎視眈々(たんたん)と王座を狙う。

★皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載