中央競馬:ニュース中央競馬

2019.4.9 17:52

【リレーコラム】週刊Gallop~ロードカナロアの勢いは増すばかり

週刊Gallopでは21世紀の名馬シリーズ第7弾となる「ロードカナロア」を発売中! 世界をねじ伏せた“龍王”の魅力が満載です

週刊Gallopでは21世紀の名馬シリーズ第7弾となる「ロードカナロア」を発売中! 世界をねじ伏せた“龍王”の魅力が満載です【拡大】

 週刊Gallop臨時増刊「21世紀の名馬シリーズVOL.7ロードカナロア」が先月、発売された。デビュー当時はまさか日本が誇る世界レベルのスピードスターになろうとは夢にも思わなかったが、テレビ越しに見た2012&13年の香港スプリントの豪快な勝ちっぷりは今でも目に焼き付いている。

 父としても初年度産駒から、ジャパンCで驚異的な世界レコードをマークし、年度代表馬に選出されたアーモンドアイを送り出した。父の特集号が発売された直後、その最強娘がドバイターフを楽勝。華々しい海外デビューで、世界の生産者の目を父へ向けさせるには十分すぎるパフォーマンスだったといえる。

 その種付け料は今年、ディープインパクト(4000万円)に次ぐ1500万円に設定された。昨年の800万円から2倍近く値上がりしたが、それでも即Bookfullになる人気ぶり。さらに今週の皐月賞には、怪物級の産駒がスタンバイしており、勢いは増すばかりだ。一方、先週2日には、ディープインパクトが腰の状態が悪いため今季の種付けを中止したことが報じられた。だからというわけではないが、ロードカナロアの健康を改めて祈りたい。

松永昌也(まつなが・まさや) 週刊Gallop記者(東京) 

直感

大穴

馬単・3連単

プロフィル

1973年9月15日生まれ、乙女座、血液型A。静岡県出身だが、なぜか関西弁。競馬への情熱を捨て切れず、2003年に某新聞社から移籍。以来、夢馬券を追い続ける。

予想スタイル

データは気に掛ける程度。「少ない資金で高配当を!!」をモットーに、基本は馬単1着固定の6点流し。3連単も買うが、もちろん1着固定。あくまで◎=1着にこだわる。

※松永昌也の予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります