中央競馬:ニュース中央競馬

2019.4.3 05:01

今村聖奈さん「女性騎手で最初にGIを勝ちたい」

今村聖奈さん(左)は、父の康成助手とがっちり握手をかわした(撮影・矢島康弘)

今村聖奈さん(左)は、父の康成助手とがっちり握手をかわした(撮影・矢島康弘)【拡大】

 JRA競馬学校騎手課程38期生の入学式が2日、千葉県白井市の同校で行われた。ユウフヨウホウで中山大障害を制した今村康成元騎手(40)の長女で、通算16人目の女性新入生となる聖奈さん(15)、角田晃一調教師(48)の次男、大河君(15)ら9人が、2022年3月の騎手デビューを目指す。

 昨年の永島まなみさんに続き、女性の今村聖奈さんが入学。小5から乗馬を本格的に始め、夢の第一歩を踏み出した。

 「騎手(現・調教助手)だった父の姿を見て格好いいと思い、私も騎手になりたいと思いました。今はドキドキ、ワクワクしています」

 現役では藤田菜七子騎手が奮闘し、JRAの女性騎手に明るい未来が広がりつつある。今村さんは「壁にぶつかったら、原点に戻って諦めずに突き進みたい。苦しいことがあっても頑張って夢をかなえたい。常に謙虚な姿勢で一人前の騎手になり、JRAの女性騎手で最初にGIを勝ちたい」と大きな目標を掲げた。

 ◆大久保友雅君 「トレセンに通って、馬に乗る姿を見て格好いいと思った。不安なこともあると思うが、おじいさん(大久保正陽元調教師)やおじさん(大久保龍志調教師)のように歴史に名前を残したい」

 ◆川端海翼君 「騎手が馬に乗る姿に憧れて騎手を目指した。気持ちで負けないようにして、地元の函館記念を勝ちたい」

 ◆佐々木大輔君 「父(幸二氏)が調教助手で、乗る姿に憧れて騎手を目指した。スタッフや多くの人に信頼される騎手になりたい」

 ◆角田大河君 「父(晃一調教師)が騎手だったので自然と騎手を目指した。騎手として信頼してもらって、一鞍一鞍大切にしていきたい」