中央競馬:ニュース中央競馬

2019.3.31 00:07

【ドバイゴールデンS】マテラスカイ2着~日本馬史上最高着順

ドバイゴールデンシャヒーンで2着に入ったマテラスカイ(左)(共同)

ドバイゴールデンシャヒーンで2着に入ったマテラスカイ(左)(共同)【拡大】

 アラブ首長国連邦・メイダン競馬場で3月30日(現地時間)に行われたドバイ国際諸競走の6Rドバイゴールデンシャヒーン(GI、ダート・左1200メートル、1着賞金150万ドル=約1億6500万円、9頭立て)はE.ハラミーヨ騎手騎乗のエックスワイジェット(セン7歳、アメリカ・J.ナヴァロ厩舎)が逃げ切り勝ち。2016年2着、18年2着、3度目の挑戦でドバイゴールデンシャヒーンを制した。勝ちタイムは1分10秒75(良)。

 日本から参戦したマテラスカイ(牡5歳、栗東・森秀行厩舎)=武豊騎手=は昨年5着から2年連続の挑戦。好ダッシュを決めて道中は勝ち馬の斜め後ろの2番手を追走。直線は叩き合いに持ち込みかけたが、差は詰まらず1馬身1/2差の2着に終わった。とはいえ、ドバイゴールデンシャヒーン2着は日本調教馬の最高着順。2009年バンブーエール(4着)、2010年ローレルゲレイロ(4着)を上回る大健闘。

 3着には3番手から流れ込んだアメリカのインペリアルヒント。

 ◆武豊騎手(2着 マテラスカイ)「正直悔しい。ここまで来たら勝ちたかった。日本人の意地を見せたかった。このレースにかける思いは強かった。スピード負けしなかったし、また頑張ってくれると思う」

 レース後に、森秀行調教師はブリーダーズCスプリント(アメリカGI、11月2日、サンタアニタ競馬場、ダート1200メートル)挑戦を明らかにした。「前から決めていました。(米国へ)行こうと思います」。

★マテラスカイの競走成績はこちら

関連

  • ドバイゴールデンシャヒーンで2着に入ったマテラスカイ(共同)