中央競馬:ニュース中央競馬

2019.3.30 23:37

【ドバイ国際諸競走】前半戦はノンコ10着、デルマは4着

ゴドルフィンマイルで、スタートで大きく出遅れて見せ場なく10着に終わったノンコノユメ

ゴドルフィンマイルで、スタートで大きく出遅れて見せ場なく10着に終わったノンコノユメ【拡大】

 アラブ首長国連邦(UAE)・メイダン競馬場で3月30日(現地時間)にドバイ国際諸競走が開催された。

 2Rゴドルフィンマイル(GII、ダート・左1600メートル、1着賞金90万ドル=約9900万円、12頭立て)にはノンコノユメ(セン7歳、美浦・加藤征弘厩舎)=J.モレイラ騎手=が出走。大きく出遅れて後方を追走。10着に敗れた。優勝はJ.オルティス騎手騎乗のコールフロント(牡5歳、アメリカ・T.プレッチャー厩舎)で、勝ちタイムは1分36秒51(良)。

 ◆J.モレイラ騎手(10着 ノンコノユメ)「ゲートに入った瞬間に集中力がなく、ゲート内でいろいろやりましたが、ガタガタしているときにゲートを切られてしまいました。馬群についていくために脚を使い、スペースをみつけるために外に行ったものの、直線では思ったような伸びがありませんでした。今日はゲート内でのメンタルの部分が大きいです」

 5RUAEダービー(GII、ダート・左1900メートル、1着賞金150万ドル=約1億6500万円、14頭立て)に出走したデルマルーヴル(牡3歳、美浦・戸田博文厩舎)=C.ルメール騎手=は五分のスタートから固まった馬群の後方を追走。3コーナー過ぎに外に持ち出して追い上げ、接戦だった上位3頭から離れた5馬身以上離された4着。優勝はJ.オルティス騎手騎乗のプリュクパルフェ(牡3歳、アメリカ・B.ウォルシュ厩舎)で、勝ちタイムは1分58秒48(良)。

 ◆C.ルメール騎手(4着 デルマルーヴル)「スタートが速くなくて後ろからの競馬。3、4コーナーの反応が遅かったが、大外を伸びてくれた。4着は満足している」

 ◆戸田博文調教師(4着 デルマルーヴル)「道中のペースが普段と違って戸惑いがあったし、勝負どころでのポジション取りにも苦労した。それでもまた伸びているし、上がりの脚は一番良かったと思う」

★ノンコノユメの競走成績はこちら
★デルマルーヴルの競走成績はこちら

関連

  • ゴドルフィンマイルで、スタートで大きく出遅れて見せ場なく10着に終わったノンコノユメ
  • ゴドルフィンマイルを制した米国馬のコールフロント