中央競馬:ニュース中央競馬

2019.3.24 18:24

【みんなの反省会】高松宮記念~中京は内伸び馬場。Mメロディかなりの器(1/2ページ)

福永祐一騎手は2004年サニングデール、16年ビッグアーサーに次いで高松宮記念3勝目を挙げた

福永祐一騎手は2004年サニングデール、16年ビッグアーサーに次いで高松宮記念3勝目を挙げた【拡大】

デスク 3連単449万7470円の大波乱となった高松宮記念。中京競馬場でレースを見ていた藤岡敬司トラックマン(TM)、現場の雰囲気はどうだったかな。

藤岡TM 結果が結果ですし、記者席はどよ~んとしていました…。

デスク 春のGI開幕戦を制したのは単勝オッズ7・8倍の3番人気ミスターメロディ。会心のレースだったな。

藤岡TM 今週の中京は開催最終週にしては時計も速く、内が伸びる馬場でした。スタートを決め、うまく内めの好位を取ったのも大きかったですね。デビュー当初から素質を感じていた馬で、スピードがあるけど緩急もつけられる。前回(阪急杯=1番人気で7着)があれ?っという負け方でしたが、これくらい走っても不思議はない馬ですよ。

デスク 2着が12番人気のセイウンコウセイ、3着が17番人気のショウナンアンセム…。

藤岡TM セイウンは△はつけたんですけどね。スタートは一番。そのままハナかとも思いましたが、モズスーパーフレアが外からきたら控えて、好位のインを抑えが利きながら運べました。鞍上は一昨年にこのレースを勝ったときの幸英騎手でしたが、いいイメージで乗れたんじゃないですか。ショウナンは中団からインをロスなく立ち回り、4コーナーでは勝ち馬のすぐ後ろあたりにいました。前が少し窮屈になって、追い出しまで時間がかかったのが…。スムーズなら勝っていたのではないでしょうか。

デスク 君の本命馬だった2番人気のモズスーパーフレアは15着。

【続きを読む】