中央競馬:ニュース中央競馬

2019.3.17 20:04

【スプリングS】ファンタジスト上がり最速で追い込むも2着 武豊「距離は全く問題なかった」

2着に敗れたファンタジスト

2着に敗れたファンタジスト【拡大】

 3月17日の中山11Rで行われた第68回フジテレビ賞スプリングステークス(GII、3歳オープン、牡・牝、芝1800メートル、16頭立て、1着賞金=5400万円)は、石川裕紀人騎手騎乗の10番人気エメラルファイト(牡、美浦・相沢郁厩舎)が中団待機からゴール前の混戦を制して重賞初制覇を飾った。タイムは1分47秒8(良)。

 唯一の重賞ウイナーで朝日杯4着以来の出走となったファンタジストは、道中中団で脚をためると、直線ではメンバー最速上がり3ハロン34秒6の脚で伸びてくるも、勝ち馬にアタマ差届かず2着。皐月賞(4月14日、中山競馬場、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。

 武豊騎手「うまく折り合って、やりたいレースはできた。距離は全く問題なかったし、力のあるところは見せてくれた。あそこまでいったら勝ちたかったけどね。次は体も絞れて良くなりそう」

★【スプリングS】払い戻し確定!! 全着順も掲載