中央競馬:ニュース中央競馬

2019.3.1 05:02

菅原明騎手、“故郷”中山で雄姿「ワクワク」

菅原明良騎手

菅原明良騎手【拡大】

 菅原明騎手は、中山競馬場の目の前で生まれ育った。「母親は競馬が大好きで毎週、土日とも行っています。ジョッキーになって親はとても喜んでくれています」と屈託なく笑う。「仕上がりはいい」という自厩舎のタイキダイヤモンド(土曜中山9R)など、デビュー週は計4鞍に騎乗。「今はとてもワクワクしています。リラックスして、いい判断ができれば」と意気込んでいる。

★その他の新人騎手

 ◆大塚騎手 「期待と不安で胸がいっぱいですが、重圧に負けないように頑張ります。関係者の信頼を得て、馬の特徴を生かせる騎手になりたいです」

 ◆亀田騎手 「積極的なレースをしたいです。北出先生からは技術的なことはもちろん、一社会人としての心の持ちようもアドバイスを頂いています」

 ◆小林凌騎手 「(兄弟子の)田辺騎手からは『人気よりも上の着順に来るレースを心がけろ』と言われています。初めてレースに乗るのが楽しみ。不安よりも期待の方が大きいです」

 ◆斎藤騎手 「ついにこのときがやってきたのかという感じです。馬の力を信じて乗りたいです」

 ◆団野騎手 「競馬で最大限力を出せるか不安もありますが、楽しみな気持ちが大きいですね」