中央競馬:ニュース中央競馬

2019.2.22 05:02

【さらばホースマン(4)】伊藤正徳師、“伊藤流”51年の集大成(1/2ページ)

騎手時代の伊藤正徳調教師(手前左)が尾形藤吉調教師(同右)に指導を受けるシーン。右後方は30代の水戸記者 (伊藤正徳調教師提供)

騎手時代の伊藤正徳調教師(手前左)が尾形藤吉調教師(同右)に指導を受けるシーン。右後方は30代の水戸記者 (伊藤正徳調教師提供)【拡大】

 今月末で定年を迎える調教師8人の足跡や思いを伝える「さらばホースマン」。最終日は騎手としても調教師としても活躍した伊藤正徳調教師(70)=美浦=と、40年以上にわたるトレーナー生活を全うする中村均調教師(70)=栗東=が登場する。味わいのある2人のベテランが、定年を間近に控えた心境を語り尽くした。(成績は21日現在)

 伊藤正調教師が半世紀あまりのホースマン人生に幕を降ろす。厩舎の前で仁王立ちになり、運動中の管理馬を見つめる光景も今週が最後だ。

 「私のやり方は伊藤流。昔、尾形(藤吉)先生がやっていたことをだんだん咀嚼(そしゃく)できて、調教の内容も変わっていったけれど、それは昨日今日じゃ分からない。昔、こんな馬がいたな…って思い出しながら、やっていくうちにその人の流儀ができていくんでしょう」

 父・正四郎元騎手の勧めで騎手の道に進んだのが1968年。名門・尾形藤吉厩舎で活躍し、77年には同期の柴田政人、岡部幸雄、福永洋一らに先んじてラッキールーラでダービーを勝ち、父との2代制覇を果たした。88年に厩舎を開業し、99年には「一番思い出深い馬」というエアジハードで安田記念に優勝する。

 「とにかく気性が激しい馬で、ゲートも当時、橋本広喜(現調教助手)がつきっきりで手伝ってくれた。安田記念のときは蛯名(騎手)が本当にうまく乗ってくれた」と目を細めるが、苦い記憶も頭から離れない。「秋のマイルCS(1着)も強かったけれど、充実し切っていたぶん、こっちが慢心してしまった」。続く香港遠征では、レース直前に屈腱炎を発症して、そのまま引退。「もともと心配だった脚をやってしまったんだから…」と現在まで自らを戒めてきた。

【続きを読む】

関連

  • 伊藤正徳調教師=美浦トレーニングセンター(撮影・田村亮介)
  • 99年、安田記念を制したエアジハード