中央競馬:ニュース中央競馬

2019.2.19 18:12

【中山記念&阪急杯】レースの注目点(2/3ページ)

今年の中山記念には、昨年の皐月賞馬エポカドーロなどGI馬5頭登録の豪華メンバーが集結!

今年の中山記念には、昨年の皐月賞馬エポカドーロなどGI馬5頭登録の豪華メンバーが集結!【拡大】

★JRA重賞通算100勝狙うステイゴールド産駒 中山記念連覇がかかるウインブライト

 ウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)が、中山記念連覇を狙う。同馬は中山で通算7戦4勝、2着2回という成績を残しており、前走の中山金杯ではトップハンデを克服して重賞4勝目を挙げた。ウインブライトには引き続き松岡正海騎手が騎乗する予定だが、今年も中山記念を制すことができるだろうか。Vなら、2008・09年のカンパニー以来の中山記念連覇となる。

 また、ウインブライトの父ステイゴールドは、産駒のJRA重賞通算勝利数が「99」となっており、史上5頭目のJRA重賞通算100勝にリーチをかけている。ステイゴールド産駒は、阪急杯にはコウエイタケル(牡8歳、栗東・山内研二厩舎)、リナーテ(牝5歳、栗東・須貝尚介厩舎)が登録しているが、今週の開催で大台のJRA重賞100勝目を挙げることができるだろうか。

★史上初の阪急杯連覇を狙うダイアナヘイロー 今年も武豊騎手が騎乗予定

 阪急杯に、前年の優勝馬ダイアナヘイロー(牝6歳、栗東・大根田裕之厩舎)が登録している。同馬は昨年の阪急杯では、果敢にレースの主導権を奪って、定年引退のため同レースが最後のJRA重賞出走となった福島信晴元調教師の花道を飾る勝利を挙げた。ダイアナヘイローには、昨年に続き武豊騎手が騎乗する予定であるが、史上初の阪急杯連覇を遂げることができるだろうか。

【続きを読む】