中央競馬:ニュース中央競馬

2019.2.14 05:03

【京都牝馬S】追って一言

 ◆アルーシャ・藤沢和師 「落ち着いて走れていたし順調」

 ◆エイシンティンクル・坂口則師 「前々でスムーズな競馬ができるようなら」

 ◆オールポッシブル・高橋亮師 「前回よりも馬はいい。ここまで順調にきている」

 ◆カイザーバル・辻野助手 「短期放牧を挟みましたが、中身はできています。条件はベスト」

 ◆カラクレナイ・松下師 「状態は維持できています。しまい勝負の形で。今の京都の馬場は合いそう」

 ◆クリーンファンキー・鈴木伸師 「1400メートルの方が脚がたまって走りやすいと思う。調子はいい」

 ◆デアレガーロ・池添騎手 「硬い面もそれほど目立たなかったし、フットワークも良かった」

 ◆ディメンシオン・藤原助手 「中間も調整はしっかりとやれている。力を出せる」

 ◆ハーレムライン・田中清師 「2週続けてしっかりやった。単走追いは予定通り。1400メートルでも問題ないと思う」

 ◆ベルーガ・猿橋助手 「先週、いい時計が出ているし、けさの雰囲気も良かった」

 ◆ミスパンテール・昆師 「先週の段階で体はできているので今週はサッとやった。牝馬同士ならトップクラス」

 ◆ライトフェアリー・石毛師 「状態は平行線。この距離でも以前勝っている」

 ◆リバティハイツ・北村騎手 「先週もけさも動きは良かった。1400メートルはベストと思う」

 ◆ワントゥワン・藤岡師 「相手を追いかけたぶん、遅れただけで問題はない」

★京都牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載