中央競馬:ニュース中央競馬

2019.2.14 05:08

Dr.コパ、パワーフード指示!菜七子はバレンタイン会見

GI初騎乗が近づいてきた菜七子。14日に小倉競馬場で記者会見に臨む

GI初騎乗が近づいてきた菜七子。14日に小倉競馬場で記者会見に臨む【拡大】

 Dr.コパとして活躍する小林祥晃オーナーと村山調教師は、2014、15年のフェブラリーSをコパノリッキーで制している。14年は最低の16番人気だったが、15年は1番人気でレース史上初の連覇を果たしている。風水の権威のDr.コパらしく、レース当日には、運気を上げるパワーフードが指示される。村山調教師は「根岸Sは“チキンを食べる”、だったので、コパさんと自分は(モスバーガーの)モスチキンを、マーフィー騎手にはチキンナゲットを“食べてほしい”と渡しました」と裏話を披露。優勝した年のパワーフードは、14年がステーキ、15年がおすしだった。今回も当日の朝にパワーフードが指示される予定だ。

 藤田菜七子騎手は現在、小倉競馬場に滞在して調教をつけている。14日に、フェブラリーSに向けての共同記者会見が開かれる予定だ。週末は、土曜は小倉で6鞍、日曜は東京でGIを含めて6鞍を予定している。

★フェブラリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載