【川崎記念】ミツバが馬群こじ開けて交流GI初V

2019.1.30 16:25

 1月30日(水)の川崎競馬11Rで行われた第68回川崎記念(交流GI、4歳以上オープン、選定馬、定量、ダート・左2100メートル、11頭立て、1着賞金=6000万円)は、和田竜二騎手騎乗の3番人気ミツバ(牡7歳、栗東・加用正厩舎)が好位追走から直線3頭並びの真ん中をこじ開けて先頭に立ち後続を突き放した。タイムは2分15秒0(良)。

 2馬身半差の2着には好位追走から外を伸びたケイティブレイブ(1番人気)、さらにアタマ差の3着に早めに進出して3コーナー過ぎに先頭に立ったオールブラッシュ(2番人気)。

 川崎記念を勝ったミツバは、父カネヒキリ、母セントクリスマス、母の父コマンダーインチーフという血統。北海道日高町・タバタファームの生産馬で、(株)協栄の所有馬。通算成績は43戦11勝(うち地方9戦3勝)。重賞は2017&18年マーキュリーC・交流GIIIに次いで3勝目。川崎記念は加用正調教師、和田竜二騎手ともに初優勝。

 ◆和田竜二騎手(1着 ミツバ)「馬はすばらしいデキでした。スタートはうまく切れたんですが、途中から動くと甘くなるイメージがあったので自分のペースで行きました。直線は狭いところに突っ込んでしまいましたが、馬がよく頑張ってくれました。馬に感謝したいですね。3歳のときに乗せてもらって、気ムラな面があったのでボクが『ブリンカー着けたら』と言って、それから走り出して(笑)。少し悔しい思いをしましたが、今日はいい結果を出せてよかったです」

★【川崎記念】確定!! 払い戻し&全着順はこちら

閉じる