中央競馬:ニュース中央競馬

2019.1.28 05:02

菜七子、GI騎乗決定!JRA女性騎手初(1/2ページ)

中京8Rをコパノピエールで制して笑顔で引き揚げてきた菜七子。今年のJRA初勝利の後に大きなサプライズが待っていた(撮影・岡田亮二)

中京8Rをコパノピエールで制して笑顔で引き揚げてきた菜七子。今年のJRA初勝利の後に大きなサプライズが待っていた(撮影・岡田亮二)【拡大】

 菜七子がGIで騎乗! 根岸Sを勝ったコパノキッキングは、藤田菜七子騎手(21)=美・根本=で優先出走権を得たフェブラリーS(2月17日、東京、GI、ダ1600メートル)に向かうことが27日に決まった。同馬の小林祥晃オーナーが明らかにした。日本の女性騎手としてJRA・GI初騎乗となる。コパノキッキングはカペラSに続く重賞制覇。タイム1分23秒5(良)。4連勝中と勢いに乗ってダート王を目指す。

 菜七子の姿が、いよいよGIで見られる! フェブラリーSで藤田菜七子騎手が根岸Sを制したコパノキッキングに騎乗する。レース後にコパノキッキングのオーナーで、Dr.コパとして有名な小林祥晃氏が「フェブラリーSのジョッキーは菜七子ちゃん」と発表した。菜七子はJRA女性騎手として、初めてGIの舞台に臨むことになった。

 「小林オーナーと村山先生から連絡をいただきました。いまだに信じられない気持ちです。オーナーを始め、関係者の方々に本当に感謝したいです。精いっぱい頑張ります!」

 菜七子はこの日、中京競馬場で騎乗。8Rのコパノピエール(5番人気)で逃げ切り、今年のJRA初勝利を飾ったところに、吉報が飛び込んできた。本人も驚きのサプライズ発表だ。

【続きを読む】