中央競馬:ニュース中央競馬

2019.1.24 13:02

【ティーブレイク】2月定年の沖師、馬に乗り続けた55年

沖芳夫調教師

沖芳夫調教師【拡大】

 2月限りで定年を迎える沖芳夫調教師(69)=栗東=は、今週の根岸Sにワンダーリーデルを送り込む。近2走はオープン特別で3、3着。「デキは安定しているし、いいレースを期待しています」と重賞獲りに目を輝かせた。

 師は今でも馬の調教に乗るなど元気一杯。「最近は1、2頭ですが、65歳までは“攻め専”の調教助手と同じだけ乗ってきました。もう55年近く乗っていますからね…」と近況を続ける。高校に入って乗馬を始め、東京農業大から牧場勤務を経て、28歳で競馬サークル入り。その後、37歳で調教師に転向し“馬に乗る日課”が続いている。「これから(引退まで)乗る馬を増やそうかとも思っています」とトレーナー。情熱はまだまだ健在だ。 (将)