中央競馬:ニュース中央競馬

2019.1.23 05:01

【矢作芳人調教師 信は力なり】海外修行経た愛弟子・坂井に期待

坂井瑠星騎手

坂井瑠星騎手【拡大】

 競馬以外のスポーツも大好きで、数多くのスポーツ中継を見る。最近では卓球の全日本選手権やテニスの全豪オープンであるが、伊藤美誠、大坂なおみ、錦織圭各選手に共通するのは、強靭(きょうじん)な精神力とともに技術的な引き出しの多さだと思う。彼らに限らず、どの競技でも一流の選手は対戦相手や試合展開に合わせてさまざまな引き出しを持っている。

 弟子の坂井瑠星を1年余りの長期間に渡って海外修行に出したのは、まさにこの引き出しを増やしてもらうのが主な目的であった。日本の競馬だけに乗っていたのでは、増やせる引き出しに限界があると考えたからだ。過去にも海外に出ていったJRA所属騎手は何人もいるが、200以上のレースに乗り16勝を挙げるという結果を残したのは彼が間違いなく初めてである。

 帰国後の成績は師匠として正直に言うとかなり物足りない。しかし、ほとんど休日もなく毎日10~15頭の調教にまたがり、遠方の競馬場まで自ら運転してレースに駆け付けるという日々はかけがえのないものだし、その経験により増えた引き出しが今後の騎乗に結果として現れてくる日はそう遠くないはずだ。当然あとは本人の努力次第であるが、幸い瑠星は脇目も振らず仕事に集中している。彼のこれからの騎乗ぶりに注目してやってほしい。

 そして生粋の国際的な騎手である藤井勘一郎が現在、わが厩舎で短期研修をしている。彼の仕事ぶり、そして競馬に向き合う姿勢はプロフェッショナルそのもので、瑠星や中谷雄太に好影響を与えてくれているように感じる。勘一郎はこの後JRA騎手免許の2次試験を控えている。彼のもとに朗報が届くことを祈っている。 (JRA調教師)