中央競馬:ニュース中央競馬

2018.12.30 05:01

【若駒ピカイチ】ハーメティキスト

メンバー最速の上がりで2歳未勝利を制したハーメティキスト

メンバー最速の上がりで2歳未勝利を制したハーメティキスト【拡大】

 ◆ハーメティキスト (28日、中山、未勝利、芝1800メートル)=美・木村哲、牡、父ロードカナロア、母ミスティックリップス(その父ジェネラス)

 《戦評》大きく出遅れて後方2番手を追走。前半5ハロン61秒5のゆったりしたペースのなか、向こう正面で外からポジションを上げていく。4コーナーで前を射程に捕らえると、メンバー最速となる上がり3ハロン35秒3をマーク。直線は少し外にヨレながらも、力強く抜け出した。

 《血統》母は独オークス2着馬、曾祖母は独3歳牝馬チャンピオンで、近親にGI2勝馬エイシンフラッシュ(2010年ダービー、12年天皇賞・秋)がいる。父は大ブレーク中のロードカナロアで、底力のある血統だ。

 《将来性》マーフィー騎手は「ゲートの中が悪くてうまく出ませんでしたが、最後はいい脚。将来がすごく楽しみ」とコメント。粗削りだが、ポテンシャルが高く、距離の融通も利きそうだ。