【みんなの反省会】サートゥルナーリアはクラシックの核となる馬

2018.12.28 20:02

デスク 今年最後のGI・ホープフルSは、サートゥルナーリアが単勝1.8倍の人気に応えました。関東競馬エイトのベテラン、椋木宏トラックマン(TM)に登場してもらいます。勝ち馬、強かったですねえ。

椋木宏TM 強かったですよ。

デスク 一旦ハナに立った後、好位に控えた理由について、ミルコ・デムーロ騎手は「初めてのコーナー4つの競馬、初めての2000メートルで(馬が)気にしていた」点を挙げていました。

椋木TM 確かに、好スタートを切ってハナに立った後、2~3番手に抑えましたね。コスモカレンドゥラ(4着)にハナを譲って。途中でペースが上がったんですが、ラチ沿いで我慢させました。(同じ)中山2000メートルの皐月賞を意識した競馬で、シミュレーション通りだったと思います。

デスク 最後の直線は前にアドマイヤジャスタがいたんですが、ちょっと外にできたスペースを突いて、抜け出してからの脚が実に鋭かったです。

椋木TM 搭載エンジンの違いを見せつけました。2着馬との着差(1馬身1/2)は大きくはないんですけど、今回のメンバーの中でも抜けた存在でした。(前走の萩Sを完勝後)ひと息入れて、馬体重は12キロ増。決して重くはないんですけど、まだゆるみがありますね。ただ、まったくうるさい面がなくて、気性面は兄(菊花賞、ジャパンCを勝ったエピファネイア)とは違います。

デスク 新馬戦、萩Sと楽勝していました。こういうタイプの中にはいざ重賞で鞍上が懸命に追おうとしたとき、意外にも最後の伸びを欠くケースがあります。

椋木TM まったくその心配がない馬ですね。途中で(馬群で)閉じ込められたりもしましたが、勝負根性も見せて楽々クリアしました。

デスク 素質が高いですね。

椋木TM 返し馬のフットワークも極上でした。皐月賞に向けたいい競馬ができたと思います。去年、タイムフライヤーがホープフルSを勝ったときとは違って、クラシックへ向けて核となる馬が出てきたという印象です。ミルコ・デムーロ騎手は、朝日杯FSを勝ったアドマイヤマーズもお手馬ですから、(選択が)悩ましいでしょうね。

デスク 2着は2番人気のアドマイヤジャスタ。2番手から直線で一旦抜け出しました。

椋木TM この馬も素晴らしい。決め手の差で敗れましたけどね。ただ、まだゆるみがありますし、本番(クラシック)まで4~5カ月あります。父のジャスタウェイは(4歳秋から国内外のGIで3勝を挙げるなど)奥手でしたから、伸びしろが大きいと思います。

デスク 今回も若干、出負けしました。

椋木TM でも、上手な競馬をしていましたよ。

デスク そういえば、椋木TMの1、2着馬の印は…。

椋木TM 本命-対抗で、見立て通りでした。

デスク 2018年の最後を最高の形で締めくくれましたね。となると、タイトルの「反省会」にはならないことを反省しないといけないですけど…。

椋木TM ホープフルSはGIらしいいいレースでしたし、個人的にも楽しめました。

デスク 3着は道中、勝ち馬の後ろにつけていた3番人気のニシノデイジーでした。

椋木TM もったいない競馬でしたよね。少し折り合いを欠いて、(鞍上が)気持ちの面で苦労する場面がありましたし、最後も結果的に内で踏み遅れました。

デスク 札幌2歳S、東スポ杯2歳Sを制していて、メンバーでただ1頭の重賞2勝馬でした。

椋木TM ええ。(スムーズな競馬ができていたら)2着馬は逆転できたかなと思います。

デスク 気になった馬はいますか。

椋木TM ヴァンドギャルドですね。

デスク 5番人気で6着でした。

椋木TM 直線の不利が致命的でした。

デスク ヒルノダカールが内に斜行してきて、サートゥルナーリアが外に斜行してきたため、進路が狭くなってしまいましたね。

椋木TM スムーズな競馬ができていたら、上位に来られたと思います。

デスク 東スポ杯2歳Sで勝ったニシノデイジーとタイム差なしの3着だった馬です。次走は要注意ですね。もちろん、椋木TMの印はこれからも要注意…ですよね!

★【ホープフルS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

閉じる