【有馬記念】枠番決定後コメント

2018.12.20 18:05

 グランプリ競走「第63回有馬記念」(12月23日、GI、中山11R、3歳上オープン、定量、芝2500メートル、1着賞金3億円)の公開枠順抽選会(有馬記念フェスティバル)が20日、東京・品川プリンスホテルで行われた。馬券の発売は、一部ウインズで21日(金)からスタートする。枠順と、関係者コメントは以下の通り。

【1枠1番】オジュウチョウサン 57.0kg(牡7歳、美浦・和田正一郎厩舎)
◆武豊騎手「この流れで行くと、蛯名君が16番を引きそうですね(笑)。他のGIも同じ抽選システムにして欲しいです」
◆和田正一郎調教師「日曜日に何が起こるか、注目してみていただければと思います」

【1枠2番】クリンチャー 57.0kg(牡4歳、栗東・宮本博厩舎)
◆福永祐一騎手「例年、外ばかり引いていたので、(内枠を)信じて疑わないようにしていました。平成最後の有馬記念を獲りたいと思います」
◆宮本博調教師「この枠は、言うことありませんね」

【2枠3番】モズカッチャン 55.0kg(牝4歳、栗東・鮫島一歩厩舎)
◆M.デムーロ騎手「いい感じの枠です。黒帽で勝負服とも合いますね」

【2枠4番】マカヒキ 57.0kg(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)
◆岩田康誠騎手「内枠を生かして頑張ります」
◆友道康夫調教師「(シュヴァルグランの)佐々木オーナーが“4番だぞ”と予言していました」

【3枠5番】パフォーマプロミス 57.0kg(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)
◆藤原英昭調教師「組み立てやすい枠ですし、クリスチャンも『ぜひ内枠を』と言っていたので、何かありそうな枠だと思います」
◆C.デムーロ騎手「(日本語で)5バンスキ」

【3枠6番】サトノダイヤモンド 57.0kg(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)
◆B.アヴドゥラ騎手「(日本語で)カンペキ!」
◆池江泰寿調教師「パーフェクト!」

【4枠7番】サウンズオブアース 57.0kg(牡7歳、栗東・藤岡健一厩舎)
◆藤岡佑介騎手「7番だと思っていました。長く活躍した馬なので、最後にひと花咲かせることができるように頑張ります」

【4枠8番】ブラストワンピース 55.0kg(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎)
◆池添謙一騎手「真ん中より内が欲しかったので、ギリギリ許容範囲です。作戦は他馬の並びを見てから決めたい」
◆大竹正博調教師「ここで何とか、勝ちたいと思います」

【5枠9番】リッジマン 57.0kg(牡5歳、栗東・庄野靖志厩舎)
◆蛯名正義騎手「(武豊騎手の『蛯名君が16番を引きそう』発言に対し)期待に応えられなくて申し訳ないです!(笑)」
◆庄野靖志調教師「今年はおかげさまでGIも勝たせてもらいました。いい形で締め括りたいです。ジョッキーに任せます」

【5枠10番】ミッキースワロー 57.0kg(牡4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)
◆横山典弘騎手「いい枠だと思います。(22年ぶりの有馬記念制覇?)年を取りましたね。ボチボチやります」

【6枠11番】ミッキーロケット 57.0kg(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)
◆O.マーフィー騎手「すでに、過去10年の有馬記念を見ています。この枠から精一杯やります」
◆音無秀孝調教師「理想はもっと内でしたが、宝塚記念とのグランプリ春秋連覇を狙います」

【6枠12番】レイデオロ 57.0kg(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)
◆C.ルメール騎手「ちょうどいい枠だと思います」
◆藤沢和雄調教師「今日帰ってから、(馬に)12番だから気を付けるように言っておきます」

【7枠13番】スマートレイアー 55.0kg(牝8歳、栗東・大久保龍志厩舎)
◆戸崎圭太騎手「2つしか残っていなかったので、(16番よりは)こっちのほうが良かったですね。作戦はこれから考えます。綺麗な馬体の馬なので、みなさんに見てもらいたいと思います」

【7枠14番】キセキ 57.0kg(牡4歳、栗東・中竹和也厩舎)
◆川田将雅騎手「まだ並びがハッキリしていないので、それを見てから考えたいと思います。この秋は素晴らしい強い馬を相手になかなか勝てませんでしたが、キセキも素晴らしい走りを見せてくれていますから、ここも期待したいと思います」

【8枠15番】シュヴァルグラン 57.0kg(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)
◆友道康夫調教師「ジョッキーに任せます・・・。調整は順調に来ています」
◆H.ボウマン騎手「ジャパンCは勝てなかったですが、同じようにいい走りをしてくれれば良いと思います」

【8枠16番】サクラアンプルール 57.0kg(牡7歳、美浦・金成貴史厩舎)
◆田辺裕信騎手「残り物に、福はありませんでしたね。外から締め込んでいこうと思います(笑)」

★有馬記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

閉じる