中央競馬:ニュース中央競馬

2018.7.23 12:36

【アイビスSD】“夏の女王”レジーナフォルテの雪辱戦(1/2ページ)

一段とパワーアップを遂げたレジーナフォルテが、昨年敗れたこのレースの雪辱を期して登場

一段とパワーアップを遂げたレジーナフォルテが、昨年敗れたこのレースの雪辱を期して登場【拡大】

 今週から灼熱の新潟開催がスタートする。29日のメーンはサマースプリントシリーズ第3戦、越後名物の千直「第18回アイビスSD」。極限のスピード比べに快速自慢が顔をそろえた。昨年3着のレジーナフォルテが一段とパワーアップ。今年こそ頂点を目指す。

 陽炎揺らめく直線に、旬を迎えたレジーナフォルテが舞い降りる。前走・テレビユー福島賞はコースレコードに0秒1差の快勝。一発で再度のOP入りを決めた。「力をつけています。前が引っ張ってくれたのもありますが、時計は良かった。勝ったことで、今回に向けて除外の心配なく調整できるのは大きい」と、佐藤調教師も力が入る。

 先週19日のWコースは大外から5F72秒8、ラスト1F12秒7。時計は遅いが、軽快な身のこなしが目立った。「しまい重点で悪くない動きでした。夏負けもなく状態はいいですよ。体も短距離馬らしく、しっかりしてきました」と、指揮官は成長ぶりに目を細める。

【続きを読む】