中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.20 05:01

狙え!引退調教師が勝負駆け 尾形充師などラストラン(2/3ページ)

尾形充弘調教師

尾形充弘調教師【拡大】

 ラスト1週。今年もまた、多くの伯楽が今月末で定年を迎えて引退し、ターフに別れを告げる。東西10人の中では、19日時点で尾形充調教師が最多のJRA799勝。現役でも4位の勝利数だ。重賞も1998、99年の有馬記念連覇を含むGI4勝のグラスワンダーなどで23勝を挙げている。

 中央競馬歴代最多の1670勝という大記録を持つ祖父・尾形藤吉元調教師から続く名門の3代目として、看板を汚すことなく背負ってきた。「祖父の背中にははるかに及ばないけど、当時とは時代も違う。自分なりに頑張ってきて、一流とまではいかなくても、三流にはならずに終えることができるかな」と尾形充師。節目の800勝へ、最後の週末も前走3着のトータルソッカー(土曜中山10R富里特別)など10頭前後を送り出す予定だ。

 ほかに美浦では和田道調教師が、10歳馬ユキノアイオロスで阪急杯に参戦。先週の小倉大賞典で15番人気ながら2着に激走したクインズミラーグロの例もあり、軽視は禁物。GI3勝馬マンハッタンカフェを手がけた小島太調教師も、中山記念にディサイファを送り出す。晩年の厩舎を支えた重賞4勝馬に注目だ。

【続きを読む】