中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.19 20:16

【阪急杯】レース展望(6/6ページ)

昨年のJRA賞最優秀短距離馬レッドファルクスが満を持して出走。高松宮記念の雪辱に向けここは負けられない

昨年のJRA賞最優秀短距離馬レッドファルクスが満を持して出走。高松宮記念の雪辱に向けここは負けられない【拡大】

 アポロノシンザン(美浦・鈴木伸尋厩舎、牡6歳)は、前走の阪神Cこそ14着に敗れたが、3走前の新潟日報賞、2走前の信越Sと芝1400メートルで連勝している。阪神芝1400メートルは昨春、1000万下で圧勝。メンバー的に楽に先手を取れそうな顔触れで、いいペースで行ければ粘り込みがありそうだ。

 ユキノアイオロス(美浦・和田正道厩舎、セン10歳)は昨秋、9歳にしてオープン入り。近2走もタンザナイトSで0秒4差(8着)、シルクロードSで0秒8差(12着)と大きくは負けていない。定年引退で、最後の重賞挑戦となる和田正道調教師も力が入る一戦だろう。

 そのほか、3月3日の夕刊フジ賞オーシャンSとの両にらみだが、スピード上位のペイシャフェリシタ(美浦・高木登厩舎、牝5歳)、2走前に阪神でタンザナイトSを快勝しているミッキーラブソング(栗東・橋口慎介厩舎、牡7歳)、石清水Sを楽々と逃げ切ったニシノラッシュ(栗東・宮本博厩舎、牡6歳)なども上位をうかがう。

★阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載