中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.19 20:16

【阪急杯】レース展望(2/6ページ)

昨年のJRA賞最優秀短距離馬レッドファルクスが満を持して出走。高松宮記念の雪辱に向けここは負けられない

昨年のJRA賞最優秀短距離馬レッドファルクスが満を持して出走。高松宮記念の雪辱に向けここは負けられない【拡大】

 注目を集めるのは、何といってもレッドファルクス(美浦・尾関知人厩舎、牡7歳)。昨年はスプリンターズS連覇を果たし、JRA賞最優秀短距離馬に輝いた。マイルチャンピオンシップ(8着)から間隔は3カ月あいたが、乗り込みは入念。連覇したスプリンターズSはともに休み明けだったように、久々でも問題はない。昨年3着に敗れた高松宮記念の雪辱へ向け、満を持しての出走だ。昨年の京王杯スプリングCを快勝し、安田記念で3着に好走したように、1400メートルも十分に守備範囲。阪神コースは初めてだが、先行勢を後方から一気の末脚でのみこんだスプリンターズSの走りからも、内回りのコース形態は対応可能だろう。

【続きを読む】