中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.19 18:50

【中山記念】レース展望(3/4ページ)

マイルチャンピオンシップでGI初制覇を果たしたペルシアンナイト。中山コースも皐月賞2着の実績があり問題ない

マイルチャンピオンシップでGI初制覇を果たしたペルシアンナイト。中山コースも皐月賞2着の実績があり問題ない【拡大】

 ウインブライト(美浦・畠山吉宏厩舎、牡4歳)は中山芝1800メートルで若竹賞、フジテレビ賞スプリングSと2戦して2勝の得意舞台。前走の中山金杯はセダブリランテスのクビ差2着だったが、ハンデが同馬より1キロ重い56キロだっただけに評価できる。相手は強くなるが、中間の調教では破格の動きを見せており、使われている強みを考えても上位争いは十分可能だ。

 サクラアンプルール(美浦・金成貴史厩舎、牡7歳)は昨年2着に好走し、札幌記念で重賞初制覇。前走の有馬記念では最下位16着に終わったが、直線に入ってエンジンがかかったところで前をカットされる痛恨の不利があったので度外視できる。奥手の母系で、父キングカメハメハも晩成型のタイプを多く出しており、まだ衰えを心配する必要はない。

【続きを読む】