中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.19 18:50

【中山記念】レース展望(1/4ページ)

マイルチャンピオンシップでGI初制覇を果たしたペルシアンナイト。中山コースも皐月賞2着の実績があり問題ない

マイルチャンピオンシップでGI初制覇を果たしたペルシアンナイト。中山コースも皐月賞2着の実績があり問題ない【拡大】

 関東の舞台は東京から中山に戻り、日曜メインに伝統のGII中山記念(25日、芝1800メートル)が行われる。昨年からGIに昇格した大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)の前哨戦(1着馬に優先出走権)となって、より注目度が増し、今年も登録は10頭と少ないながらもGI馬3頭をはじめ充実したメンバー構成となった。

 ペルシアンナイト(栗東・池江泰寿厩舎、牡4歳)は昨春、皐月賞で2着に好走した後、ダービーは7着に敗れ、秋はマイル路線へ。マイルチャンピオンシップでGI初制覇を果たした。大外18番枠の不利をはね返しての勝利で価値は大きい。1800メートルは【1・1・0・0】で、中山コースも皐月賞2着の実績があれば、全く問題はない。今回は3カ月の休み明けでの出走。春以来のレースだった昨秋の富士Sは5着に終わっているが、当時は不良馬場だったので参考外といえる。入念に乗り込まれており、馬場がよほど悪化しない限り、力を発揮できるとみていいだろう。

【続きを読む】