中央競馬:ニュース中央競馬

2018.2.19 13:59

ランキング発表! サンスポ花田がついに1位へ(1/3ページ)

絶好調の東京サンスポ・花田隆記者が、開幕から首位を快走していた関西競馬エイトの増井辰之輔トラックマンを抜き、「ガチンコ収支バトル」でトップに立ちました

絶好調の東京サンスポ・花田隆記者が、開幕から首位を快走していた関西競馬エイトの増井辰之輔トラックマンを抜き、「ガチンコ収支バトル」でトップに立ちました【拡大】

 「ガチンコ収支バトル」の2018年第1ステージ(1~3月)は、絶好調の東京サンスポ・花田隆記者が第7週(2月17、18日)でついにトップに立ちました。前週2位からの“リーチ一発ツモ”。開幕から首位を快走していた関西競馬エイトの増井辰之輔トラックマン(TM)を抜いたのです。

 逆転劇の舞台となったのは、17日(土)の小倉11R・和布刈(めかり)特別。本命のクレマンダルザス(2番人気)が中団の内から直線で外へ持ち出されると、メンバー最速の末脚で豪快な差し切り勝ちを収めたため、単勝4.5倍×1万円=4万5000円を獲得しました。単勝2.0倍と圧倒的な人気を集めていたゼンノワスレガタミ(4着)に◎を打たなかったのは正解でした。ちなみに、馬名の『クレマンダルザス』はフランス・アルザス地方産の発泡ワイン。酒好きの花田記者にとっては、本命に推すべくして推した馬だったのかも!?

【続きを読む】