中央競馬:ニュース中央競馬

2017.10.29 15:46

【天皇賞・秋】キタサンブラックが史上2頭目の天皇賞3勝目(1/3ページ)

春秋盾連覇で貫禄のGI6勝目を挙げたキタサンブラック(中央、青帽)。不良馬場、出遅れもなんので堂々押し切った

春秋盾連覇で貫禄のGI6勝目を挙げたキタサンブラック(中央、青帽)。不良馬場、出遅れもなんので堂々押し切った【拡大】

 10月29日の東京11Rで行われた第156回天皇賞・秋(3歳以上オープン、GI、芝2000メートル、定量、18頭立て、1着賞金1億5000万円)は土砂降りの中、不良馬場で行われ、今年限りの引退が決まっているキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)が武豊騎手に導かれて1番人気に応えた。タイムは2分08秒3。2000メートルになった1984年以降では最も遅かった。次走は連覇のかかるジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)。

【続きを読む】

関連

  • 天皇賞・秋を制し、春秋盾連覇を果たしたキタサンブラック
  • 天皇賞・秋を制し、春秋盾連覇を果たしたキタサンブラックと手を挙げて声援に応える武豊騎手
  • 春秋盾連覇で貫禄のGI6勝目を挙げたキタサンブラック
  • 春秋盾連覇で貫禄のGI6勝目を挙げたキタサンブラック。鞍上は武豊騎手
  • キタサンブラックの勝利を喜ぶ(左から)清水久詞調教師、北島三郎オーナー、武豊騎手
  • キタサンブラックの勝利を喜ぶ(左から)清水久詞調教師、北島三郎オーナー、武豊騎手
  • キタサンブラックで天皇賞・秋を制した北島三郎オーナー(左)と武豊騎手
  • キタサンブラックで天皇賞・秋を制した北島三郎オーナー(左)と武豊騎手
  • 天皇賞・秋の直線の攻防
  • 春秋盾連覇で貫禄のGI6勝目を挙げたキタサンブラック。鞍上は武豊騎手
  • 春秋盾連覇で貫禄のGI6勝目を挙げたキタサンブラック。鞍上は武豊騎手
  • 天皇賞・秋を制したキタサンブラック
  • 天皇賞・秋を制したキタサンブラック
  • 春秋盾連覇で貫禄のGI6勝目を挙げたキタサンブラック
  • 手をつないで表彰式へ向かう北島三郎オーナー(左)と武豊騎手
  • キタサンブラックの勝利を喜ぶ(左から)清水久詞調教師、北島三郎オーナー、武豊騎手
  • 4着に敗れたリアルスティール
  • 2着に敗れたサトノクラウン
  • 6着に敗れたソウルスターリング