藤田菜七子さん、門出のV!夢は「ダービー勝ちたい」

2016.2.10 05:06

 JRA競馬学校騎手課程32期生(6人)の卒業式が9日、千葉県白井市の同校で行われた。西原玲奈元騎手以来、16年ぶりのJRA女性騎手を目指す藤田菜七子さん(18)=美・根本=は、最後の模擬レースで待望の初勝利をマークした。卒業生6人は11日発表の騎手試験に合格すれば、3月1日からプロのジョッキーとしての第一歩を踏み出す。

 16年ぶりの女性ジョッキー誕生へ。藤田菜七子さんが初勝利で弾みをつけた。

 卒業式に先立って行われた32期生最後の模擬レース(ダ1700メートル)は、藤田さん騎乗のタマモライトが果敢に先手を奪って逃げる。直線で彼女の右ムチが1発、2発とうなると先頭でゴールイン。父・稔さん(55)、母・恵子さん(45)の前で百点満点のパフォーマンスを披露し、学校生活を締めくくった。

 「馬が頑張ってくれましたね。直線は“お願いだから(後ろから)来ないで!!”という気持ちでした」と笑顔を見せた。

 小学6年で初めて競馬を観戦。人馬一体の姿に魅せられた。3年間の学校生活で体力と筋力の弱さを痛感したが、日々の努力を怠らず、筋トレに励んだ。また、元女性騎手の増沢(旧姓=牧原)由貴子さん(現調教助手)に現役時代の体験談などを聞くなど、騎手になるために役立つことは何でもどん欲に吸収してきた。

 目標の騎手は昨年、短期免許で来日したリサ・オールプレス騎手(40)=ニュージーランド=だ。

 「競馬に対する考え方や手を抜かない姿勢を尊敬しています。いつか、同じレースで乗りたい。いつも明るく笑顔でいるのが自分のセールスポイント。(師匠の)根本先生(調教師)のように日本ダービーに勝ちたい」

 11日発表の免許試験に合格すれば、3月からプロの騎手となり、早ければ5日に実戦デビュー。夢と希望に満ちた女性騎手の誕生が待ち遠しい。 (片岡良典)

◆父親の藤田稔さん「うまくできないと悔しがっていたので、少しずつ慣れてきたんじゃないかなと思います。結果がすべての世界ですが、自分で選んだ道なので精いっぱい頑張ってほしい」

★森君が総合V!課題「下半身強化」

 昨年の秋から9回行われた模擬レースの総合優勝は3勝を挙げた森裕太朗君が獲得した。「右手中指の骨折で前半の4回は乗れませんでしたが、乗れない時期も学ぶことはたくさんありました。まだ、フォームが定まっていないので、下半身の強化をしていきたいです」とさらなるステップアップを誓った。

★愛大使特別賞に木幡君、夢は「父、兄弟とレース」

 成績優秀者に贈られるアイルランド大使特別賞は木幡巧也君が受賞。兄・初也騎手(30期生)に続き、兄弟での受賞となった。「とてもうれしいです。賞に恥じないように技術を向上して、しっかりと勝ち星を挙げられるようになりたい。将来は父(初広騎手)、兄、弟(育也君)の4人でレースに乗るのが夢です」と希望に胸を膨らませていた。

閉じる